勝手にGATTEN

WellcomeGATTEN.pdf

HOME-W.pdfHOME-W.pdfGatten-B.pdfGatten-B.pdfGchannel-W.pdfGchannel-W.pdf中洲交番-W.pdf中洲交番-W.pdf工房-W.pdf工房-W.pdfドロンShort-W.pngドロンShort-W.png

Reraxビルボード.pdf

ビラタイトル.jpg

佐賀の名湯・古湯温泉の別荘を、四季折々に訪れるのが我々の楽しみです。

我がM'addams FamiryM'AddamsF.jpgお気に入りのわれらが別荘。福岡市内から車で小一時間、古湯温泉のはずれ嘉瀬川のほとりに建つ白亜の殿堂が「富士ビラ・山華の正(さんがのしょう)」です。
ある企業の経営で、もともとは研修施設として使われていた施設ですが、今では一般のお客様も受け容れており家族連れ・お子さん連れ幼児室.jpgやカップルに人気の宿になっているようです。

度々訪れていますが、都度、食事時に4〜5組のお客さん達とご一緒になりますが、そのとき以外はほとんどお遇いすることはなく(皆さんどこに消えるのか、いつも不思議です)、館内の静寂を乱すのは唯一、傍若無人な我がFamilyのみといった具合です。(いつも我侭でゴメンナサイ (*_ _)人)

端的に言えばハイグレードな国民宿舎。運営の素人っぽさが自分の別荘感を抱かせてくれます。
とはいえ、お湯はれっきとした古湯の源泉、眼前の木々に抱かれ川のせせらぎを聞きながらの露天風呂は心から寛がせてくれますし、お料理も結構。サティスファクションな我らが別荘です。

大きく、設備が整った研修教室・各種レッスンもできるジムDSC00109.jpg・舞台も整った宴会広間・天文台天文台.jpgなどなど、利用の仕方も色々と・・。我がFamilyはもっぱら雀室でピーチクパーチク麻雀.jpgですが。

Wrote Mar.2010

DSC00154.jpgDSC08245.jpg嘉瀬川.JPGDSC08242.jpg露天風呂.JPGDSC00077.jpg

LinkIcon「富士ビラ・山華の正」さん
LinkIcon口コミ.comさん>皆さんの評判
LinkIcon「古湯・熊の川温泉郷」さん>「古湯の特徴「ぬる湯」とは」


dog_mark_gr.png行きの、帰りの、昼食に。農家レストラン:森の香・菖蒲ご膳


名称未設定.pdfパンフ。クリックで拡大「いっぱい生えている雑草さんに活躍してもらおう!!ってことになり、野草を使ったご膳を作り始めました」という、地元の主婦の皆さんで運営されているお店。「気負わない信念」のリーダー、西さんのもとでで和気あいあいとしたもてなしを受ける事が出来ます。
山華の正への途中、「元気」を摂りませんか?
佐賀市富士町菖蒲 TEL: 0952-57-2011

LinkIconゆっら〜と佐賀市>「さがばい!えびす顔リレー」

dog_mark_gr.pngあと二年、壮大なダムの建設工事を観ることが出来ます。


DSC04728.JPG2012年3月完成の嘉瀬川ダム。いま着々と工事が進んでいます。
三瀬から古湯への途中にこのダイナミックな工事現場が見下ろせるポイントがあります。
見学駐車場とは別で、路肩停車しての見物となりますので、じゅうぶん注意して見物してください。夜間の機会は少ないと思いますが、ライトアップされたその景観はまた圧巻です。
ちょっと先、三瀬寄りには公式な観覧駐車場があります。各種資料も展示され、工事現場の全貌を見る事が出来ます。


dog_mark_gr.png古湯温泉街唯一、ゆっくりとくつろげる喫茶スペースです。


大和屋.jpg古湯温泉街は幹線から逸れ小路が入り組んだ、非常にこじんまりとした街です。特にこれといった施設もなく非常に閑静な街です。
Aki-GAki-G礼装.jpgがすきな唯一の休息の場が旅館・大和屋の喫茶談話室。
落ち着いた室内も良いのですが、特に屋外のウッドデッキテラスが落ち着きます。(タバコも吸えますし)
道に面してはいますが車や人の往来は殆どなく、木漏れ日の中での一服は清涼です。

LinkIcon大和屋>「喫茶談話室」

RERAXATION CONTENTS

Shortのこ.pdf
Short河内藤園.pdf
Short庄屋の館.pdf
Short山華の正.pdf

GATTEN BLOG INDEX

Satisfaction.pdf
Reraxation-B.pdf
Taste.pdf

TRISEEDS WORLD INDEX

Gatten-B.pdf
Theater.pdf
Sikumi.pdf
中洲交番.pdf
モルト.pdf
工房.pdf

MailToMe.pdfMailToMe.pdf